ロレックスのオーバーホールの相場

自分が毎日身に着けるものであれば、納得のいく逸品を選びたいと思うことでしょう。洋服やバッグなどもよいものにこだわりたいという人も多いのですが、中でも人からも目に付きやすく、長く使うことができるものとして、腕時計を挙げることができるのです。海外の高級腕時計で最も人気があって憧れる人が多いのが、ロレックスになります。その良さというのは長く使っていても常にデザインが優れているように見えて、時代を感じさせることはなく、とてもオシャレなフォルムであること、そしてしっかりとケアをしていくことで一生使うことができるくらいの商品なのです。はじめに高額だと感じることがあってもそれだけ払うだけの価値があるものだと使っているうちに感じるようになることでしょう。そのケア方法について、考えてみましょう。

高級時計のケアの仕方について知る

一生ものだと思って購入した高級腕時計でもしっかりとケアをしていかないと、長年の間に劣化をして故障をしたりすることになる場合もあります。そこで、定期的にオーバーホールをするように言われるものです。これは時計の内部を分解掃除していくものであって、精密機械である腕時計では大変な作業になります。すべての部品を一度分解していくので時間もかかりますし、お金もかかります。しかし、これを行うことで内部の劣化を知ってパーツの交換を行ったり、油切れの部分に油を差したりすることになるのです。この一連の作業をすることで、再び自分の愛用している時計を生き返らせることができるのです。長く使って行こうと思ったら、これは欠かせないものになるのですが、こうしたケアをしていくと、子供や孫の世代まで受け継ぐことができるようになるのです。

ロレックスのオーバーホールの費用とは

それでは気になるのが、オーバーホールの費用になります。一般的に安心であるのが、正規店の日本ロレックスに出すことでしょう。ただ、かなり費用が高額になります。一例としてデイトジャストで比較をしていくと、7万円以上はかかるのです。それに対して、今はロレックスの修理の専門店があって、そういったところでも分解洗浄をしてもらうことができるようになっています。最も安値であるといわれるのが、カナルクラブであり、17000円からになっています。また、タムタイムという専門店では2万円からになります。そして時計修理の千年堂では3万4千円ほど、大樹は3万8千円からになります。いずれにしても正規店のオーバーホールよりも専門店の方が安く、一般的には3~4万円でできるものです。ただ、交換パーツがかなり出るごとに実費がかかることになります。

お支払い方法は事前に銀行からお振込み頂くか代金引換でのお支払いとなります。 気になる修理の価格は、ブランド毎に料金一覧表で分かりやすく掲載しております。 受付時間は平日の午前11時~午後7時までです。土・日・祝はお休みになります 。 依頼するにあたり約3週間という短納期で迅速に対応できるなど、その他サービス情報を掲載しています。 ロレックスのオーバーホールのご依頼は【CIEN(シエン)】へ